金利ゼロでキャッシングできる消費者金融

大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフルの3社では、新規の契約時に30日間の無利息期間サービスを行っています。

ですが、新規のキャッシング契約であれば無条件で金利ゼロの無利息期間が発生するということではなく、プロミスではメールアドレスの登録と、利用明細をWEB明細に切り替えるのが無利息期間を利用する為の条件となっています。

これを満たした上で初回の借り入れを行うと、その翌日より30日間が無利息期間になります。金利ゼロ キャッシング

アコムでは返済周期を1ヶ月に一度ではなく、35日周期にすることがその条件です。この返済周期にした場合は銀行口座からの引き落としでの返済は選択できないので注意してください。

また、アイフルにはこれらの2社のような条件はありません。この2社では契約日の翌日より30日間が無利息期間です。

そして、無利息期間中であっても返済日にはきちんと返済を行う必要があります。

アコムでは無利息期間を利用した場合は最初の返済日は35日後なのでこの心配はありませんが、プロミスとアイフルでは無利息期間中の返済日に返済を忘れてしまうと、その時点で無利息期間は終了し、延滞金利と遅延損害金を請求されてしまいます。

いくら無利息期間中であってもキャッシング返済日は別なので、これには気を付けて無利息期間を有効に利用してください。

ウェブ完結で借りられるキャッシング業者は?

インターネット環境上において、その場のみでウェブ完結するキャッシング業者は現在多く存在しています。消費者金融事業者や銀行、信用組合、金庫などですね。

そうした事などもあり、それらの中から、借主相手として一番ふさわしいところについて述べていきます。

中でも割と積極的にインターネット環境を媒介に専門的にやっている事業者としては、モビットやプロミス、レイク、アイフル、アコム、楽天銀行とかがあります。

今のところとしては、これらの6社からなる事業者が挙げられるのかもしれません。個人的なおすすめはモビットです。モビットはウェブ完結を1番のウリにしている業者です。

また、それらの中でも楽天銀行などにおいては、借入先が多いような方の場合には、おまとめローンなどによる申し込みなどを受け付けています。

そして、それ自体の申し込みから審査、審査通過後においての返済手段環境などについて全て、インターネット環境上において完結をさせることが可能になっていますので、大いに活用の価値があります。

キャッシング増額や追加融資の条件は厳しい?

キャッシングを利用していて当初設定された限度額よりも上回る借り入れがしたくなったとき、借り入れ枠の増額の申込みをすることになります。

特にそれが初めてのキャッシングの利用であれば審査はかなり慎重に行われ、借り入れられる限度額も低めに設定されがちです。

ですので返済能力に余裕のある人からすると不満に思うような限度額しか設定されていないことも不思議ではありません。

それを増額しようと思うならば、まずこれまでしっかり指定された期日に返済ができていることが絶対です。実際に返済できているかどうかは何よりも貴重な信用情報になります。

例え十分追加して借りても返済できるだけの収入があるという証明として最新の所得証明などを提示しても、過去に返済がうっかり忘れであっても滞っていたのであれば、増額に待ったがかかってしまいます。

もちろん転職や昇給などで収入が増えた証明を提示することも増枠の判断基準とはなりますが、何よりも地道に返済できたきた実績が重視されます。

ですので契約してすぐ増枠を申し込みしても叶えられることはほとんどあり得ません。少なくとも半年は返済の実績を重ねてから、借り入れ枠の拡大を申し込むようにしましょう。

パート主婦のキャッシング事情!

パートをしている主婦ではお金を借りることはできないと思っていませんか?確かに審査は厳しめになりますが、パートで働いている人でもキャッシングは可能です。

キャッシングの審査が通る基準のポイントとなってくるのが「安定した収入があるか」という事です。

月に数万円しか収入がなくても毎月パートとして働いているのであれば安定した収入があると判断されます。

特に勤続年数が長ければ長いほど審査は通りやすくなります。理想としては1年以上働いている方がいいでしょう。

またパートの場合はどれぐらい借りれるのか?気になりますよね。消費者金融の場合は総量規制があり年収の3分の1と決められています。

平均は10万円前後だと思っていた方がいいかもしれません。勤務年数は長いけれど審査に通るか不安という方なら、消費者金融を利用するのがいいです。

その理由としては、銀行の場合だと金利が安いというメリットがありますが審査基準は難しいと言われています。

消費者金融なら女性向けのキャッシングに対応しているところもあるので比較的簡単に審査に通りやすい特徴があります。

家族にバレたくないという人でも自宅に荷物が届かないようにしたり、電話連絡なしでキャッシングを利用することも可能です。

キャッシング情報殴り書き

■低金利でお金を借りる方法

低金利でお金を借りる方法という手段を行使をしながら、多額の借り入れをしていくというようなカタチになりますので、50万円以下の場合での借り入れなどとは条件が異なってきます。

そして、最初からそれ以上の金額での借り入れ申し込みになるため、この場合には収入証明書類の添付とかが、必須の条件になってきます。

場合によっては、最初希望をしていた借り入れ希望額を下回る金額を、収入証明書類などと照らし合わせながら、金融業者側が提示をしてくるような事態も大いに考えられますので、そうした点もあらかじめ留意をしておく必要性があるかもしれません。

また、収入証明書類なども、過去1年分あるいは2年分などといったように、相手方である金融業者や商品内容毎により異なってくるような場合もるので、そうしたあり方の違いなども、理解をしておく事です。

ただ、保証人の存否や収入面での有無などに限らず、50万円を超える規模の高額な借り入れなどの場合とかでは、次のような事態も考えられます。

65歳以上もしくは70歳以上である後期高齢者などに該当をする年齢層である方や、投資家などの金利や相場の変化などで収入を得たりしているような方の場合には、申し込み自体をお断りするようなところや商品サービスなどもありますので、要注意かもしれません。”

■1万円だけ至急借りる

これは消費者金融事業者・銀行・信用組合などの各金融事業者毎によっても異なりますが、それらの中でも、なんと、1万円だけ至急借りる事が可能である事業者や商品種類なども、幾つか見受けられます。

ただし、そうしたサービス設定をしているようなところなどであったとしても、後で数十万円の借り入れが条件になるところなどもあったりしますので、注意が必要です。

1万円だけ至急借りるといったような貸付商品の場合とかでは、大抵の場合にはフリーローン式のキャッシングサービスのものがほとんどであり、クレジット機能付きであるものとかはありませんので、その点を留意をしながら申し込みをしていくような認識も大切です。

また、1万円という、非常に低額である急な借り入れの場合というケースですが、借入額がそうしたわずかな金額である分、同時にクレジットカード契約申し込みとかもしなければならないような事態もあり得ます。

そうした事などもあり、商品内容に関しては完済後において、念のため契約約款の内容などをも確認をしておいた方がよいかもしれません。

完済後において、何らかのキャンセル料やサービス利用などが解約の際とかには必要になる事態も商品によっては考えられますので、やはり気が抜けない商品の性格性などもあるといえます。”

■専業主婦がお金を借りる方法

今度は専業主婦がお金を借りる方法に関しての記事内容になります。

この場合、確かに「専業主婦」などといった呼び名である以上、一見すると、収入が無い無職者や不安定なフリーターなどと同じ扱いを受けたりして、収入証明書類の提出とかが不要であるフリーローンの商品の申し込みでの審査が通りにくいと思われがちな面も、無いではありません。

しかし、実はこれ自体は本当に誤ったものの見方といえます。

専業主婦と一言でいっても、何らかの自宅での内職や店舗運営、パート勤めなどに従事をしたりさえいれば、それで無職者やフリーターなどの方とは違う、就労者といった見方を消費者金融事業者からされたりする面もありますので、それで審査が通りやすくなるといった事なども有り得ます。

確かに中には、それでも中々審査を通したりはしないようなところなどもあったりしますが、大抵の通常の事業者の場合には、安定した収入があると認識をしてくれたりするのが普通ですので、あまり心配とかは無いかもしれません。

それでもやはり、ある程度の収入のある事を事業者側へ証明をしたりするような必要性があるところも無いではありませんので、事業者側からの質疑応答などの際には、正直かつ明確に必ず答えることが、非常に重要です。