キャッシング増額や追加融資の条件は厳しい?

キャッシングを利用していて当初設定された限度額よりも上回る借り入れがしたくなったとき、借り入れ枠の増額の申込みをすることになります。

特にそれが初めてのキャッシングの利用であれば審査はかなり慎重に行われ、借り入れられる限度額も低めに設定されがちです。

ですので返済能力に余裕のある人からすると不満に思うような限度額しか設定されていないことも不思議ではありません。

それを増額しようと思うならば、まずこれまでしっかり指定された期日に返済ができていることが絶対です。実際に返済できているかどうかは何よりも貴重な信用情報になります。

例え十分追加して借りても返済できるだけの収入があるという証明として最新の所得証明などを提示しても、過去に返済がうっかり忘れであっても滞っていたのであれば、増額に待ったがかかってしまいます。

もちろん転職や昇給などで収入が増えた証明を提示することも増枠の判断基準とはなりますが、何よりも地道に返済できたきた実績が重視されます。

ですので契約してすぐ増枠を申し込みしても叶えられることはほとんどあり得ません。少なくとも半年は返済の実績を重ねてから、借り入れ枠の拡大を申し込むようにしましょう。